CI(継続的インテグレーション)の基本

ソフトウェア開発の現場で使える継続的インテグレーションの基礎がわかる。
PHP,Java,Rubyそれぞれの言語での独習チュートリアルサイトへようこそ。
継続的インテグレーションとは?、使い方、基礎勉強、実践的な使い方までチュートリアル形式で解説しています。

まずは継続的インテグレーションの基礎を学びましょう

なぜ継続的インテグレーションが必要なのか、継続的インテグレーションとは何か?についてご紹介します。

初級編:インストールから基本の使い方について

CI(継続的インテグレーション)ツールを各言語で使う場合の、それぞれの使い方をまとめています。
使う言語が決まっている方は、該当の記事へお進みください。

【PHP版】CI(継続的インテグレーション)ツール導入ガイド

普段PHPで開発をしている方はこちらをご覧ください。

【Ruby版】CI(継続的インテグレーション)ツール導入ガイド

普段Rubyで開発をしている方はこちらをご覧ください。

【Java版】CI(継続的インテグレーション)ツール導入ガイド

普段Javaで開発をしている方はこちらをご覧ください。


社内サーバにリモートリポジトリを作るのも一つですが、「開発にまつわる面倒事」をこの際全部、tracpath(トラックパス)に任せてみませんか?
バージョン管理サービス・プロジェクト管理サービスの「tracpath(トラックパス)」では、
ユーザー5名、リポジトリ数3つまで、永久無料で利用可能です。

さっそく実務でも使って見ましょう。
自らも開発を行う会社が作ったからこそ、開発チームの「作る情熱」を支える、やるべきことに集中出来るサービスになっています。
エンタープライズ利用が前提のASPサービスなので、セキュリティも強固です。