Browsing Category

Story

Story

車は単なる移動手段から、新しい「部屋へ」

By On 2018-04-20

2010年10月に、Googleが初めて自動運転車を開発中であると発表してからおよそ5年後-2016年1月、テスラモータージャパンが販売する車「モデルS」の車載OSに、ハンドル操作や前方車両の追従などを行うオートパイロット、オート車線キープ、オートパーキングといった操作を行う簡易自動運転機能がアップデートされました。… Read More

Story

泣きたくなるほど美しい日本文化の修復工事「一厘もズレてはいけないというプレッシャーから一晩で髪が真っ白に」

By On 2018-04-18

皇族八条宮の別邸として京都市西京区に創設された「桂離宮」は、ドイツの建築家、ブルーノ・タウト氏が「泣きたくなるほど美しい」と称賛したことでも有名で、その美しい姿を一目見ようと、今日も国内外から多くの人が訪れています。(1)… Read More

Story

野球の神様、ベーブ・ルース「100億円プレーヤーがいくら集まったところで、バラバラのチームには1円の価値もない。」

By On 2018-03-14

コミュニティ意識が強く根付いているアフリカには、「早く進みたければ一人で行け。遠くまで進みたければ皆で行け」という古来から伝わることわざがあり、大きな目的を成し遂げるには、周囲の協力が必要不可欠だと考えられています。… Read More

Story

無名の湖を世界の湖に変えたのは知識も予算もない研究者たち。常にあったのはたった一つ、「やり抜く力」だけ。

By On 2018-03-06

「やると決めたら必ずナンバーワンになる」と述べたソフトバンクの孫正義氏が、どんな困難があろうと必ずやり遂げる人だということは、一緒に仕事をした経験のある人であればよく分かることで、… Read More

Story

「ニート」も「メタボ」も日本語だ。この言葉を辞書で定義するにはノート6冊の分の情報量が必要。

By On 2018-03-01

「ニート」「メタボリック症候群」「いけ面」という新語が2008年に発売された広辞苑に取り入れられたということで、物の名、人の名、カタカナ語などが日常生活にどんどん新しく入ってくる一方、多くの言葉が使われなくなって廃れていき、言葉が生まれては消えていく中、時代の流れに敏感に対応し、多くの日本人に正確な言葉の意味を提示してくれる一冊が「広辞苑」です。… Read More

Story

本当の経営者のプライドは徹底的に傷つけられてこそ、価値がある。

By On 2017-12-28

「反対意見があれば積極的に発言して欲しい」多くの職場で上司がこれに似た言葉を述べているのを聞いたことがある人はたくさんいると思いますが、実際部下からの反対意見に真剣に耳を傾ける上司はどのくらいいるのでしょうか。… Read More

Story

ウェアラブル・デバイスは1994年にWWW(ウェブ)が登場して以来の大きな変化。

By On 2017-12-25

スマートフォンのような機能を内臓しているスマートウォッチや、自分の心拍数や睡眠状態などの身体データを計測するようなスマートリストバンドといったウェアラブル・デバイスは、テクノロジーや健康への興味が高い人のみが使用するガジェットという位置づけのように思われるのが一般的です。… Read More

Story

クリスマスの時期は街の電気量が2倍に。「クリスマスは電球ではなく、ロウソクで祝う。」

By On 2017-12-15

(Photo by:nicanicasather) ホワイトハウスでは1800年からクリスマスを祝っており、今年もナショナルツリーがライトアップされるそうですが、… Read More

Story

鉄道・国道・上水道の3つの道がない次世代の街づくり

By On 2017-12-06

日本の人口の半数以上が三大都市圏に住んでいて、90パーセント以上の人は都市といわれる地域に住んでいるなど、現在日本では全体的な特徴としてすでに人口が集中している都市部にさらに人が集まる流れにあります。(1)… Read More

Story

宇宙のゴミを拾うことが、1円の利益にもならないことは誰もが知っている事実。

By On 2017-11-17

人類が宇宙に目を向け始めたことで数千トンもの衛星やロケットが宇宙空間に投入され、近年では宇宙旅行も登場するほど、未知の世界だった宇宙は私たち民間人にとってもますます身近なものになってきました。… Read More