Browsing Category

Story

Story

増え続ける医療ロボット「ロボットに“生”や“死”の意味を問うことは馬鹿げている。」

By On 2017-07-21

「モナ・リザ」や「最後の晩餐」などの名画で知られるレオナルド・ダ・ヴィンチは「万能の天才」と呼ばれ、美術だけでなく、音楽、工学、生物学、数学、建築などの分野でも数多くの功績を残したと言われています。… Read More

Story

毎日同じメンバーと仕事をしているなんてモッタイナイ。知識や技術はあなたがコミュニケーションをとった人数分だけ磨かれる。

By On 2017-07-03

アメリカ、ミシガン州にオフィスを構える「メンロー・イノベーションズ社」は医療や健康関連の企業向けにソフトウェアの開発を手がける一般企業ですが、“働く喜び”の追求を経営の柱に成長してきた会社で、2001年の創業以来黒字経営を維持しており、現在では米国で最も幸せな職場と言われています。… Read More

Story

グーグルも参加した貧しい子供たちのために100ドルパソコンを作るプロジェクト「どれだけ批判を浴びても世の中に必要なことには必ず最高の協力者が現れる。」

By On 2017-06-09

ユネスコの報告によれば、学校教育を受けることのできない子供は世界中で約5,800万人も存在していて、これは日本の子供の数の3.6倍に及びますが、… Read More

Story

実現困難とされた青色LEDが打ち合わせもなく開発に成 功した理由「お互いの方針が一致していれば話し合いを する必要なんてない。」

By On 2017-06-01

2014年、少ない電力で明るく光る青色LED(発光ダイオード)の発明と実用化に貢献した3人の日本人、赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏がノーベル物理学賞を受賞しました。… Read More

Story

感性を持たないコンピューターが、人間よりも運転が上手いのは当たり前。

By On 2017-05-29

2014年に日本で行われた「自動運転技術への期待」に関する調査によると、自動運転車(ドライバーレスカー)を購入したいと答えた人の割合は、購入したいと答えなかった人の割合と、おおよそ半々になっていて、… Read More

Story

お互いの能力に満足し合ってるチームなんてただの“仲良し集団”「チームのレベルを上げたいなら、たとえギスギスしても不満をぶつけ合うこと」

By On 2017-05-16

日本から直線距離で約14,000km離れた南極大陸の東オングル島に、南極大陸を観測するための施設、「昭和基地」があります。… Read More

Story

“自分勝手な欲望”を持ってプロジェクトに参戦した研究者と技術者たちが完成させた世界最大級のすばる望遠鏡。「自分のためにやるからこそ、それがチームのためになる」

By On 2017-03-29

2016年11月、東北大学やプリンストン大学などのメンバーからなる国際共同研究チームは新たな銀河を観測、「おとめ座矮小(わいしょう)銀河 Ⅰ」と名付けられた今回のこの発見は、銀河系がどのように成り立つのかを知る上で大変価値のある発見であることを報告しました。… Read More

Story

一日の大半を座って過ごすと死亡率が50%増加「なぜ、楽天や伊藤忠がここまでして全員健康経営を目指すのか。」

By On 2017-03-24

起業家のイーロン・マスク氏は、2014年に南カリフォルニア大学の卒業式でスピーチをした際、「成功したければ週に100時間、死に物狂いで働かなければならない」と述べました。週に100時間とは、平日の朝9時から夜中の1時まで、土日はそれぞれ10時間ずつ働くことになります。… Read More

Story

リーダーだけが重要なポジションじゃない。脇役のアナタがいるからこそ、チームは成り立っている。

By On 2017-03-13

1989年に出版されたウォレン・ベニス氏による著書「リーダーになる」は21か国語に翻訳されベストセラーとなり、現在でも書店に行けば多くのリーダーシップ関連の書籍がところ狭しと並べられているように、今も昔も人々のリーダーシップに対する関心は強いことが分かります。… Read More

Story

大忙しのニューヨーカーにグーグルのテクノロジーが「瞑想する時間」を与える。

By On 2016-10-25

1980年代のニューヨークといえば、地下鉄の落書きで知られ、車内にはラジカセを持って騒ぐラッパー、麻薬中毒者などが溢れ、犯罪が多発し、失業率の高い、治安の悪い都市として知られていましたが、その改革に着手したのが、ルドルフ・ジュリアーニ氏、… Read More