test
 

プロジェクト管理機能

tracpath(トラックパス)でプロジェクト管理をするための、具体的な機能をお見せいたします。

複数プロジェクト管理(ダッシュボード) – 管理コストの削減

tracpathのダッシュボード機能

 

ダッシュボード機能により、複数プロジェクトを俯瞰して概要を把握することが出来ます。ダッシュボードにはプロジェクトの活動状況がグラフ表示されます。また、活動状況の統計によりプロジェクト全体の数字を見ることが出来ます。

feature_image001

開発の進捗管理(マイルストーン) – アジャイル開発によるリリース

tracpathは、機能バージョンアップ、リリース、障害対応等のプロジェクト内の期限付スケジュールをマイルストーンという単位で管理します。チケットに期限が設定され、目標までの残タスク(消化率)や担当者の活動状況を確認することが出来ます。また、グラフィカルな表示も可能です。

feature_image005

レポート機能 – クライアントへの報告書も素早く作成

tracpathはカスタムクエリやレポートと言われる、チケット一覧を表示する機能があります。これは様々な条件で検索し、ユーザの必要な切り口でレポートを作成する機能です。チケットの期限や重要度順、担当者別、機能別など色分けしたりグループ化することができます。また、CSV形式とMS Excel形式で出力できるので、提出用のレポートを簡単に作成することも可能です。

feature_image006

Wikiによる文書管理 -オンライン上でドキュメントを共有

Wiki機能で簡単に情報共有を行うことできます。例えば

tracpathでは、チケットと呼ばれる要素と次の特徴的な機能が密に連携することで開発を効率的にサポートする仕組みを持っています。

作業の報告書を記録したり

機能や仕様について議論したり

仕様書を作成したり

会議の議事録を作成したり

自由に利用する事が出来ます。Wikiはページが更新される度に自動でバージョン管理されますので、文書の版管理が可能。また、Wiki上でチケットやチェンジセット、ソースコード、添付ファイルにもリンクを作成することが出来ます。
簡単に、すばやく情報共有するための機能として活用できます。

タスク・課題管理 -メンバー間でリアルタイムに共有されるタスク

tracpathでは1つ1つのタスクを「1チケット」と呼びます。 チケットにより「タスク」「課題」が管理されます。

tracpathでは、チケットと呼ばれる要素と次の特徴的な機能が密に連携することで開発を効率的に サポートする仕組みを持っています。

Wiki – 議事録、メモなどユーザが自由に入力可能なリッチテキスト、 主に設計書や報告書、議事録等のワープロとして利用します。

マイルストーン – 機能のリリースやバグの改善期限を設定します。 これによりチケットに期限が設定され、目標までの残タスクや完了率を確認することが出来ます。

あなたのプロジェクトやチーム毎に運用ルールや記述のためのワークフローを決めておけば、 担当者が変更になった場合でも、スムーズに引継ぎをすることが出来ます。
また、チケットの追加、更新はメンバーにメール通知されるため、更新を見逃すこともありません。

追跡・更新機能 – 安心してプロジェクト管理するために

Wiki,チケット,チェンジセット(ソースコードの変更)の更新情報の一覧をタイムライン機能で簡単に確認することが出来ます。tracpathのタイムラインやレポート機能は、 タイムラインやレポート/クエリーは,RSSフォーマットで取得できるので,お気に入りのRSSリーダーで更新情報をキャッチできます。

課題管理と追跡

tracpathはタスク管理や課題管理をすべてのプロジェクトで利用することができます。チームのタスクや課題のステータス・履歴を一元管理することができるウェブベースの課題管理と追跡機能を提供しています。チームメンバーは開発に専念し、ソフトウェア開発を成功させるための残りの処理をすべてtracpathに任せることができます。

 

アサイン、分類、マイルストーン

tracpathの課題(タスク)は簡単にチームメンバーに割り当てることができます。チームメンバーの大小にかかわらず、「だれが担当しているのか」「どうなったのか」を簡単に知ることができます。tracpathでは課題、タスク、バグをチケットと呼びます。
チケットは分類によってラベルをつけることができます。プロジェクトチーム毎、あなたの会社のやり方に合わせた柔軟なカスタマイズ機能があります。チケットのラベル付けで、仕事の重要度と分類を簡単にできます。

ワークフロー管理

collaboration8collaboration9

チケット管理にはとてもパワフルなワークフロー管理が出来るようにしています。
これはチーム開発にとって重要な機能の一つです。チーム内の役割によって、承認が可能な人や仕様を確定する人は決まっています。ワークフロー管理はチケットの新規作成〜完了までのフローを管理する最善の方法です。 チケットのワークフローはあなたの会社やチームに合わせたカスタマイズが可能です。

 

レポート(ユーザカスタマイズ)

collaboration10

チケットを一覧で表示出来るとても強力な機能にレポート機能があります。これは、プロジェクト内に登録されているチケットを様々な視点でリストアップすることができる機能です。「未解決のチケット」「分類が【バグ】で、割り当てられたチケット」「あなたが今対応すべきチケット」などが簡単な質問に答えるだけでリストアップされます。あなた独自のレポートを作成してチーム内に共有することもできます。
ユーザーがカスタマイズ可能なレポート「カスタムクエリ」機能により、問題の発見を素早く行い、日々の進捗状況を一目で把握することができます。Wikiマクロで報告書作成も簡単にできます。 あなたの使い方次第でソフトウェア開発プロジェクトは、より効率化されていきます。

その他、複数名でのプロジェクト管理に便利な機能(ロール(権限)管理/ユーザー管理/検索機能)などの詳細は、
コラボレーションのページをご覧ください。

無料トライアル

tracpathはフリープランがあります。アカウントを登録するだけですぐに利用する事が出来ます。

資料請求について

tracpathのサービスについてご紹介する資料を無料でお送り致します

お問い合わせ

お客様のプロジェクトや開発環境をもとに、tracpathの運用や導入方法をご提案致します