test
 

中間成果物管理機能

tracpath(トラックパス)で中間成果物管理をするための、具体的な機能をお見せいたします。

中間成果物管理機能-wiki

tracpath(トラックパス)では、様々な文書を管理するためのwiki機能があります。

作業の報告書を記録したり

機能や仕様について議論したり

仕様書を作成したり

会議の議事録を作成したり

と、プロジェクトに関わる様々な文書を直接記録することも可能ですし、添付ファイル機能もあるので、
例えば顧客から提出された資料や、定型の議事録フォーマットがあったとしても、中間成果物管理機能として利用することができます。

tracpathのWiki機能によるドキュメント共有

collaboration3

tracpathのWikiシステムは、Trac Wiki エンジンを採用しています。

このエンジンを使用することで全てのtracpath内機能で書式付きテキストとハイパーリンク機能を利用することができます。tracpathのWikiシステムはテキスト編集をより簡単にし、プロジェクトのための情報をだれでも提供し、その内容にコメントをつけることができるようにすることです。 Wikiシステムで作成する文書にルールはありません。あなたのチームにとって必要な情報、共有したい情報を自由に作成・共有してください。いつでも気軽に修正出来るため、必要に応じてまとめ直すことも簡単にできます。

Wikiのバージョン管理

collaboration4

tracpathのWikiシステムの大きな特徴は、すべてのWiki文書がバージョン管理(版管理)される点です。

チームのローカルルールや仕様書、ソフトウェアのマニュアル、セットアップ手順書など時間とともに変わっていく文書にとって、差分が閲覧できるというメリットはとても大きな特徴です。また、「だれが、いつ、なにを」が履歴として残り、メンバーであればいつでも内容を確認することができます。 Wikiシステムは時間の流れによって書き換えられた文書について、その内容と時刻を正確に記録してチームの活動ログを提供します。

文書の全文検索

collaboration5

Wikiシステムを利用する最大のメリットはプロジェクト内の文書を全文検索することができることです。 プロジェクトで生成される文書や技術資料はプロジェクトの規模が大きくなればなるほど大量に作成されます。従来のワープロソフトで作成した場合、ファイルを横断しての検索ができませんでした。Wikiシステムは同一システム上でドキュメントを管理しているため、とても高速に全文検索することができます。さらに検索キーワードのハイライト表示が可能です。

Wikiマクロで高度な文書

collaboration6

ワープロソフトを利用しなくてもドキュメント作成に必要なことはWikiシステムで実現できます。

技術文書を作成する意味は、自分以外のだれかに有益な情報を正しく伝える点にあります。基本的な文書構造を意識して文書を作成すれば、だれでも見栄えの良い、わかりやすい技術文書を作成することができます。さらに、Wikiシステムのマクロ機能により、ページの索引、テンプレート、ハイパーリンク、チケット一覧が簡単に作成可能です。

無料トライアル

tracpathはフリープランがあります。アカウントを登録するだけですぐに利用する事が出来ます。

資料請求について

tracpathのサービスについてご紹介する資料を無料でお送り致します

お問い合わせ

お客様のプロジェクトや開発環境をもとに、tracpathの運用や導入方法をご提案致します