test
 

バージョン管理とは

バージョン管理についての説明と、tracpath(トラックパス)でバージョン管理をするメリットをお伝えします。

はじめに

多くのソフトウェア開発の現場で利用されているバージョン管理システム。 tracpathはバグ管理システムと連携したバージョン管理システムのサービスを提供しています。

マルチリポジトリ対応

  • git ・・・Linuxカーネルのソースコード管理を目的として、リーナス・トーバルズによって開発された分散バージョン管理システム
  • mercurial ・・・クロスプラットフォームの分散型バージョン管理システム
  • subversion ・・・Apache プロジェクトのひとつ、集中型バージョン管理システム
  • WebDAV ・・・クライアント(Webブラウザ)からWebサーバ上のファイルやフォルダを管理
multi

バージョン管理とは

バグ管理システムとは、ソフトウェア開発プロジェクトで発生するバグを登録し、 修正状況を追跡することが出来るシステムです。バグトラッキングシステム (Bug Tracking System/Issue Tracking System)とも呼ばれます。

基本的な機能として

バージョン管理システムとは、ソフトウェアを開発するときに作成される、プログラム(ソースコード) やスクリプトなどの各種リソースの複数の版(バージョン)を管理する専用システムです。

複数の版の差分を記録し、ファイル変更履歴の記録やバックアップ、修正内容や機能追加を 復元したり再修正したり、複数人が同時に編集したときの競合問題の解決、ファイルの上書、 などチーム開発/複数拠点で連携してソフトウェア開発をスムーズに進めることが出来ます。

tracpathはソースコードを管理するためのバージョン管理システムとして、 オープンソースで実績のあるSubversionが利用されています。

5つの課題

オープングルーヴはソフトウェア開発の現場で良く起こっている問題を探し、「5つの課題」として挙げました。

1

バグ対応や機能追加により開発が進んでいくと「なぜ、こんな修正を?」「だれがパラメータを変更した?その理由は?」がわからない

メールとスプレッドシートを使った管理を実践しているが、メールの流量が多く、「抜け、モレ、忘れ」が頻繁に発生。スプレッドシートもどれが最新かわからなくなる。本当に知りたいことは「今のバグの数と対応状況」「いつ頃修正されるのか?」

2

過去に似たようなバグがあったが、どのように対応したのかわからない

修正履歴を残すのは人の手、作業ルールとして決めているがうまく運用できていない。

機能追加などのシステムバージョンアップやリリースの度に、日付フォルダや日付ファイルが増加

運用ルールを徹底させているが、運用メンテに時間がかかりすぎている。無駄な工数なのでは?と思う。

本当に力を入れるべきことは品質の高いソフトウェア開発をすること。だけどプログラムとソースコードの管理はさけて通れない

3

ハード障害や人のケアレスミスでデータ喪失

バックアップから復元できなかったことがある

ケアレスミスでローカルコンピュータやファイルサーバにある最新のソースコードを喪失してしまった

運用やメンテナンスに極力費用と工数をかけたくない

4

機能追加、修正に大きな間違いがあっても「なかったこと」にできない

機能追加の開発中に途中まで修正したプログラムがまちがっていることに気付いた。自分が望むバージョンまで復元させたいけどできない。

別のチームにいる開発者がやっている作業内容を知りたい。見たい。

5

昔の資産がたくさんあって、便利な機能が多いバージョン管理に移行したいができない

過去の資産を移行することができない

新しいバージョン管理の教育に新たな予算が必要だが、その予算がほとんどない

どのように移行していけばトラブルなく移行できるかわからない

5つの導入メリット

オープングルーヴはソフトウェア開発の現場でこのような5つの課題があると考えております。これらの課題に対する解決策として、tracpath「5つの導入メリット」を説明します。

1

「だれが、いつ、何のために」情報共有の仕組み

ソースコードを集中管理、プロジェクト開始時点から製品の出荷後のサポートまでの版を管理可能

タグ・ブランチによるバージョン管理で、メジャーバージョンアップやマイナーバージョンアップを管理

ソースコードの管理はすべてバージョン管理による自動管理

2

複数の開発者がうまく協調し、効率的な開発をするための仕組み

ソースコードの見える化をブラウザで実現し、各開発者の状況がすぐにわかる

長年インターネット上のソフトウェア開発で培われてきたロック・マージなどのバージョン管理システムの機能が利用可能

ASPサービスであるtracpathは高いセキュリティと可用性を維持し、低価格でご提供

3

ソースコードの紛失を防ぎ、ハード障害から少ない工数で回復する仕組み

ASPのメリットであるシステム管理、メンテナンスは専門家である弊社が担当

作業用のレポジトリを紛失しても、オンライン上のレポジトリからすぐに最新を取得できる

システムメンテナンス、ツールに関する技術サポートは専門家である弊社が担当

4

簡単に元に戻せ、望むバージョンを再現できる仕組み

CVS,Git,Mercurialからtracpathへの移行サポートを行っています。お気軽にお問い合せ下さい。

オンラインで使い方が理解できるチュートリアルやTipsを作成しています。

特殊な環境や過去の資産の活用をお考えの場合、弊社が十分なサポートを行います。お気軽にお問い合せ下さい。

5

開発ツールを専門に提供しているオープングルーヴのサポート

CVSやSubversion、VSSといったバージョン管理システムからのデータ移行をサポート

数百件?のリポジトリから移行、分散環境からのデータ移行、ご相談ください。対応可能です。

ASP/SaaSサービスであるtracpathは低価格で初期費用もゼロ。手軽に始めることが可能

無料トライアル

tracpathはフリープランがあります。アカウントを登録するだけですぐに利用する事が出来ます。

資料請求について

tracpathのサービスについてご紹介する資料を無料でお送り致します

お問い合わせ

お客様のプロジェクトや開発環境をもとに、tracpathの運用や導入方法をご提案致します