機能

tracpath(トラックパス)の主要な機能についてご紹介します。

複数プロジェクト管理(ダッシュボード) – 管理コストの削減

 

tracpathのプロジェクト管理機能

 

プロジェクトのスケジュール管理、タスク管理、ワークフロー管理など、いわゆる「プロジェクト管理」ツールとしての
機能を提供しています。

プロジェクト管理機能の詳細はこちら

 

ソースコードのバージョン管理 -システム構成を確実、安全に管理

 

Git/Mercurial/Subversionといった、主要バージョン管理システムリポジトリへのコミットログを作業の変更履歴に追加したり, ソースコードの差分(チェンジセット)のリンクを挿入できます。 これにより,バグ修正や機能追加によるリポジトリへの変更が管理出来ます。

エンジニアにとっては、いつものやり方で記録ができ、管理者にとっては、わざわざリポジトリを見に行かなくても、
誰が何をしたかが分かる。という利便性があります。

プロジェクトをトラッキング(追跡)するために必要な機能はすべて揃っているため、 過去を振り返って、仕様変更、機能追加、バグ改修等の詳細な内容までトラッキングすることが出来ます。

バージョン管理機能の詳細はこちら

 

 

バグ管理・課題管理 -メンバー間でリアルタイムに共有されるバグ・タスク

tracpathでは1つのバグや1つのタスクを「1チケット」と呼びます。 チケットにより「タスク」「課題」「バグ」が管理されます。これでプロジェクトで管理したいことを全てデータとして扱うことが可能です。

またtracpathでは、チケットと呼ばれる要素と次のプロジェクト管理としての機能が密に連携することで開発を効率的にサポートする仕組みを持っています。

 

  • Wiki – 議事録、メモなどユーザが自由に入力可能なリッチテキスト、 主に設計書や報告書、議事録等のワープロとして利用します。
  • マイルストーン – 機能のリリースやバグの改善期限を設定します。 これによりチケットに期限が設定され、目標までの残タスクや完了率を確認することが出来ます。

 

これで、「このバグはどのように対処したか?」や、「次回リリースまでにバグをつぶしきるように進める」といったことが、
可能になります。

また、所属するプロジェクトやチーム内で、明確に運用ルールや記述のためのワークフローを決めておけば、 担当者が変更になった場合でも、スムーズに引継ぎをすることが出来ます。

また、チケットの追加、更新はメンバーにメール通知されるため、更新を見逃すこともありません。

バグ管理機能の詳細はこちら

Wikiによる文書管理 -オンライン上でドキュメントを共有

 

Wiki機能で簡単に情報共有を行うことできます。例えば

 

  • 作業の報告書を記録したり
  • 機能や仕様について議論したり
  • 仕様書を作成したり
  • 会議の議事録を作成したり

 

と、自由に利用する事が出来ます。Wikiはページが更新される度に自動でバージョン管理されますので、文書の版管理が可能。また、Wiki上でチケットやチェンジセット、ソースコード、添付ファイルにもリンクを作成することが出来ます。
議事録や、仕様書など、いわゆる「中間成果物」は、ソースコードのバージョン・タスク・バグなどと、
非常に密接に関わっていますので、極力全てをwikiに書き込み、全文検索ですぐに関連情報を探せるようにしておくのがおすすめです。

簡単に、すばやく情報共有・記録をするための機能として活用できます。

 

Wiki機能の詳細はこちら

場所・環境・人を選ばずコラボレーション促進 – クラウド上でWebベースのためシームレスな連携が可能

tracpath(トラックパス)はブラウザだけですぐに利用する事が出来ます。特別なソフトウェアをインストールする必要はありません。分散した開発拠点の管理や、Windows や Mac など様々なクライアント環境に対応することが出来ます。

また、ユーザー毎にロール(役割)を細かく定義できるので、
社内の別チームや、社外の協力会社などとのコラボレーションのプラットフォームとしてもご利用頂けます。

コラボレーション促進機能の詳細はこちら

collaboration1

全プラン対応済のセキュリティ対策とご利用可能なアクセスログ機能

 

tracpathはあなたの情報を守る「SSL(Secure Socket Layer)」をすべてのプランで提供しています

 

SSLとはセキュリティを高める暗号化通信の規約のことです。 (SSLとは)

広くウェブサイトで利用されており、SSLが導入されているサービスはサイトにhttpsからはじまるURLでアクセスすることで通信の暗号化とウェブサイトの運営者を確認することが出来ます。

 

 

  • tracpathはすべての通信経路でhttps(セキュアな通信)を利用しているため、あなたの大切なデータを守ります
  • バージョン管理システムの通信も同様に暗号化通信で行われます
  • 決済サービスは決済サービス提供会社のSSL暗号化により保護されています。

tracpathのセキュリティ詳細はこちら

オープンソースソフトウェア「Trac」とtracpathとの比較

 

tracpathは、オープンソースソフトウェアで有名なTracをベースにエンタープライズでの利用を想定して開発されました。
そのため、エンタープライズで必要な多くの機能がオールインワンで提供されています。

エンタープライズ向けにどんな機能が追加されているのかをご覧いただけます。
「Trac」との比較表を作成しましたので、ぜひご確認ください。

tracpathとTracの比較詳細はこちら

 

 

無料トライアル

tracpathはフリープランがあります。アカウントを登録するだけですぐに利用する事が出来ます。

資料請求について

tracpathのサービスについてご紹介する資料を無料でお送り致します

お問い合わせ

お客様のプロジェクトや開発環境をもとに、tracpathの運用や導入方法をご提案致します