test
 

バージョン管理機能

tracpath(トラックパス)でバージョン管理をするための、具体的な機能をお見せいたします。

バージョン管理機能(コードホスティング)

そもそも、バージョン管理って?管理の必要性は?という方はこちらをご覧ください。

クラウドによるコードホスティングサービスでもあるtracpathは、プロジェクトチームが最も重要な仕事に専念するために、あなたのリポジトリが常に正常に利用できるよう、24時間監視し問題が起こらないようにサポートします。開発プラットフォームに必要な、「セキュリティ」と「継続したサービス」をtracpathが提供します。

 

tracpathは厳格なセキュリティ管理とセキュリティ方針で管理され、リポジトリは常にバックアップされています。プロジェクトのリソースをファイルサーバに保存したり、ハードウェアを新たに用意したり、、、それよりも安全でセキュアなサービスをtracpathは提供しています。

 

月額980円から、あなた専用のセキュアなリポジトリサービスを利用することができます。ソフトウェア開発の期間は規模による違いはありますが、数ヶ月〜1年くらいの期間継続します。製品を開発した後の運用フェーズを考えるとさらに長い期間安定した開発環境とリポジトリを維持し続けなければいけません。大切な時間とお金を節約する方法としてtracpathは最適なクラウドサービスです。

チーム開発の共同作業支援

Git/Mercurial/Subversion/WebDAV

オンラインでコード閲覧(コードビューアー)

コードビューアー機能

・コードビューアー

code1

tracpathにはとても強力なコードビューアー機能があります。
ブラウザでアクセス可能なソースコードはプロジェクトにとってとても有効に働きます。チームメンバーのコミットが即時に反映され、プロジェクトの活動状況に報告されます。プロジェクトにとって重要な情報を見逃さず、開発者の情報共有を強力にサポートします。すべてのプロジェクトについて俯瞰し、1ファイルごと、変更があったファイル群をカラフルで見やすく表示することができます。

・シンタックスハイライト

code2

tracpathは、あらゆるファイル種類と言語のためのシンタックスハイライト機能を提供しています。オープンソースのPygmentsをエンジンとした強力なパッケージにより、プログラムのソースコードを、キーワードや命令コードにみやすく装飾します。

ファイル履歴と差分

code3

リポジトリに格納されたファイルはすべてファイル単位で履歴を持っています。
Git/Mercurial/Subversionによる構成管理されたリポジトリに対して、ファイルの変更内容、コミット内容、特定の時点にさかのぼったファイルを簡単に表示することができます。tracpathによって自動でハイパーリンクされた更新履歴やチケットをワンクリックするだけでファイルの内容を確認できます。 コードビューアーと合わせて活用することでプログラマーにとって重要な機能を提供します。

チェンジログ/チェンジセット

code4

バージョン管理システムは特定の機能に対応する複数ファイルの更新をチェンジセットとして記録します。
tracpathでは、リビジョン(履歴)として複数ファイルのコミットをセットで管理しています。この機能は最近の開発において必須の機能であり、ブラウザによる簡単な閲覧を可能にしています。

アノテーション(注釈)

code5

ソースコードの特定のコードについて、「だれが作成」「だれが更新」したのかを把握することが簡単にできます。
コミットされたソースコードの変更は更新した開発者の責任で管理される必要があります。アノテーション機能はソースコードビューアーからコードの変更内容を簡単に知ることができます。必要であれば作成者に問合せを行い、改善点を教えるべきです。

デベロッパーツール

cord06

tracpathのリポジトリは、あたながこれまで使い慣れたアプリケーション開発環境や統合開発環境をそのまま利用する事ができます。
Git / Mercurial / Subversion のために開発された、TortoiseSVN, TortoiseGit, SmartGit, Eclipse, Xcode, Visual Studio から tracpathのリポジトリにセキュアにアクセス出来ます。 もちろん、Git/Mercurial/Subversion のコマンドラインでも利用する事ができます。

コミット時にクローズ

collaboration13

tracpathは commit-hook に対応しています。コードを書く開発者にとって便利で強力な機能の一つです。commit-hook とは、使い慣れたバージョン管理ツール(Subversionなど)からコミット時にtracpathのチケットを操作することができます。 コミット時に簡単なキーワードをコメントとして記述するだけでできます。
キーワードは、 references,refs コマンド:メッセージを指定したチケット番号にコメントとして投稿

これはチケット refs #36 に対するコメント

closes, fixes コマンド:チケットを完了する

これはチケット fixes #40 に対するコメントで完了する

コマンドの混在:チケット参照とチケットの完了

チケット番号を複数指定したいとき、 refs #14 #27

チケット番号の参照 refs #14, #15 and #16

チケットを完了させる fixes #33, #34

無料トライアル

tracpathはフリープランがあります。アカウントを登録するだけですぐに利用する事が出来ます。

資料請求について

tracpathのサービスについてご紹介する資料を無料でお送り致します

お問い合わせ

お客様のプロジェクトや開発環境をもとに、tracpathの運用や導入方法をご提案致します