トラックパスについて

tracpath(トラックパス)について、機能や開発背景などをご紹介しております。


tracpath(トラックパス)とは


tracpath(トラックパス)は、ソフトウェア開発プロジェクトで管理が必要な、「プロジェクト管理」「バージョン管理」「バグ・インシデント管理」「議事録・定義書などの中間成果物管理」を、
クラウド上でセキュアに、共有しやすく探しやすい状態で管理が出来る、ソフトウェア開発プロジェクト支援ツールです。
一箇所にまとまっていることで探しやすく、クラウド上にあることで共有しやすい。
ソフトウェア開発で起こりがちな悩みを、全て解決する。それが、tracpath(トラックパス)です。


tracpath(トラックパス)とは?(サイトTOP)




tracpath(トラックパス)の主要機能ツアー



tracpath(トラックパス)の主要機能を実際の画面を元にご紹介します。


tracpath(トラックパス)の主要機能ツアー



tracpath(トラックパス)の活用シーン


活用シーンでは、tracpath(トラックパス)の活用によって解決出来るソフトウェア開発の現場やチーム開発のよくある課題を機能と共にご紹介します。


tracpath(トラックパス)の活用シーン




tracpath(トラックパス)開発の背景



株式会社オープングルーヴがシステム開発会社として運営していく中で、tracpath(トラックパス)を開発するに至った、
背景をご紹介しています。


tracpath(トラックパス)開発の背景



tracpath(トラックパス)の開発コンセプト


tracpath(トラックパス)の開発コンセプトである、「エンジニアがソフトウェア開発にすべての労力を集中するための環境をつくる」ということを、ご説明しています。


tracpath(トラックパス)の開発コンセプト




オープングルーヴが考えるこれからの開発



現在、技術や環境はどんどんと進化していく中、ソフトウェア開発は「作ったら終わり」ではなく、常に進化し続けることが求められています。
そんな状況の中、これからのソフトウェア開発はどうあるべきか。ということをご説明しています。


オープングルーヴが考えるこれからの開発

無料トライアル

tracpathはフリープランがあります。アカウントを登録するだけですぐに利用する事が出来ます。

資料請求について

tracpathのサービスについてご紹介する資料を無料でお送り致します

お問い合わせ

お客様のプロジェクトや開発環境をもとに、tracpathの運用や導入方法をご提案致します